電話応対が上手くなるコールセンターでのアルバイト

アルバイトをしていて良かった事 私は、コールセンターでアルバイトをしたことがあります。コールセンターというのは、電話を掛けたり受けたりする仕事です。電話の仕事を専門に、他の企業から委託を受けているのです。電話というのは顔が見えないだけに話し方に気をつかうのです。電話が苦手だという人は多く、委託することによって重要な仕事に集中することができるわけです。小さな会社では委託するわけにはいきませんが、大きな会社はけっこう委託しています。コールセンターで働く人は、仕事の間はほとんど電話で話しているので話し方も上手です。ですから、安心して委託することができるのです。

私がコールセンターでしていたのは、選挙でどこの政党に投票するのかという調査業務でした。新聞社やテレビ局が委託するのです。こちらから無作為に電話をかけるのですが、答えてもらえないことも多かったです。いきなり電話を掛けるのですから仕方ありません。しかし、慣れていくうちに答えてもらえることが多くなりました。話し方によって協力してもらえるかどうかが変わってしまうということです。短期のアルバイトでしたから、すぐに仕事は終わりました。短期とはいっても電話をたくさん掛けたので、電話応対が得意になりました。

Copyright (C)2022アルバイトをしていて良かった事.All rights reserved.